いぼの治療は専門医院で受けよう|切除してもらおう

ドクター

体に出来る小さなもの

ナース

取り除くためには

肌に出来てしまういぼには、様々な原因があります。まず一つが、ウィルスによるものです。ウィルス性のものは、タコのように固くなるのが特徴です。触ると固く、間隔が鈍くなるように感じます。皮膚の小さな細かい傷口からウィルスが入り込み、座菌が固まりとなっていぼを作り出してしまいます。そしてもう一つのウィルス性の特徴が、角質の厚い指などに出来やすいということです。裏を返せば角質の薄いところには出来にくい、ということになりますが、一度体に入り込むと、ウィルスはどんどん侵食していってしまいます。そのため出来た傷口をそのまま放っておいたりすると、どんどん増えていってしまうのです。しかし、いぼには良性と悪性のものがあります。良性のものだと、かゆみなどもなく自然と消える場合もあります。しかし悪性のものだと、痛みやかゆみを伴ったり、それによって体調を悪くしてしまったりする可能性もありますので、気になる場合には早めに病院に行って切除してしまうと良いでしょう。さらに、一度出来てしまったいぼは、その部分を必要以上に触ってしまったり、その部分が蒸れてしまったりすると、さらに大きくなったり、さらに痛みを伴うものになってしまったりしてしまいます。かいてしまうと皮膚を傷つけ、さらに治りを悪くしてしまいます。そのため、一度出来てしまった場合はなるべく触らずに過ごすということが大切なのです。また、いぼは遺伝によって出来ることも多いのが特徴です。親族にいぼが出来やすい人がいる場合、高い確率でその体質は遺伝してしまいます。これらのいぼを切除するためには、美容整形外科や皮膚科へ行くことがおすすめです。皮膚科や美容整形外科では、レーザーなどの特殊な機械を使って、いぼを綺麗に切除してくれます。形や形状、出来た場所などによって治療方法は変わります。悪性のものだと、美容整形外科ではなく、皮膚科での治療が良いでしょう。まずはカウンセリングを受けて、良く調べてもらうことが重要です。また、治療の中でも一番ポピュラーなのはレーザー治療で、特殊なレーザーを当てていぼを焼き切ります。痛みは少なく、ダウンタイムも少ないのがメリットです。小さなタイプや、傷が目立ちやすい場所に出来てしまったタイプを切除するのにおすすめです。逆に、傷が目立ちにくく大きなタイプのものは、電気メスなどを使って物理的に切除してしまう方法が良いでしょう。場合によっては、普通のメスで手術を行う場合もあります。また、いぼは外見の美しさを損なわせてしまう原因の一つでもあります。特に女性の場合は、顔に出来てしまったものは見た目を老けて見えさせる要因にもなってしまいますので、見つけた時点で早めに対応するようにしましょう。また、皮膚科と美容整形外科、どちらでも施術は受けることが出来ますが、保険適用や金額、医師の方針など様々なことを加味して、自分に合った医院を見つけることが大切です。自分に合う医院で治療を行うことで、納得のいく結果を得ることが出来るからです。早めに切除、除去治療を行い、美しさを取り戻し快適な生活を送りましょう。