いぼの治療は専門医院で受けよう|切除してもらおう

ドクター

どの様な状態か

カウンセリング

どういう目的で除去するか

いぼを除去したい場合、どの様な状態になっているのか、さらにどこに出来ているのか、どうしてそれを除去したいのかでも選ぶべき病院が変わってきます。そもそも、いぼを除去する場合、そのサイズによって利用できる方法とできない方法が出てくる為、どの場合でも同じ施術で良いわけではないからです。小さいサイズであれば液体窒素を利用する方法か、炭酸ガスレーザーを照射する方法で対応することができるようになっています。しかし大きなサイズではこれらの方法ではなかなか除去できない場合も有るため、その場合はメスを利用して切開したり、レーザーとメスを併用したりする事も有ります。また、これらの方法は全ていぼを切除することが出来る方法として現在多くの病院で行われていますが、どこの病院でも受けられると言う訳ではありません。基本的にいぼの切除は皮膚科、形成外科、美容皮膚科などで行っており、まずはそこに行ってどの様な状態になっているかを見てもらう所から始めます。もちろんその病院によってもいぼを切除する上での基本方針が違っている為、同じ部位に出来た物でも選んだ病院によって結果が大きく変わります。皮膚科の場合は、完全にいぼを切除する事を目的として治療を行っている為、治療を受けると再発の心配はまず有りません。ただ利用できる方法が液体窒素の場合が多い為、その状態によっては何回も液体窒素を利用しなければならない場合も出て来ます。さらにいぼの除去を目的としているので、傷跡に対しての配慮はそれほど深く追及されているわけではありません。ただ健康保険が適用される事になるので、治療費をかなり抑えて気になるいぼを除去することができるようになっています。形成外科はレーザーを照射する方法等が多く用いられていますが、いぼを切除するだけでなく、その傷跡を綺麗に形成する事も目的として治療を行っています。その為、施術を受けた後に傷のケアを丁寧に行って貰えるのですが、治療法によってはもしかしたら健康保険が適用されない可能性もあります。美容皮膚科は基本的に美容目的で利用する病院となっており、いぼの除去もメスを利用する訳ではないので、小さいタイプの時だけ利用できる病院です。ただ痛みが少ない治療を行っており、さらに仕上がりも美しいと言うのが特徴ですが、基本的に健康保険は利用出来ません。それぞれの病院で治療法が違っており、基本方針も違っているため、結果が大きく変わってくる可能性は十分あります。例えば、腕や足等それ程傷が気にならない部位の場合は、皮膚科で治療する方が十分な場合も有りますが、顔に出来た場合は傷跡のケアも必要となります。もちろんこのような傷跡に対するケア、さらに費用の面で気になる点と言うのはその人によっても違っています。特に予算が限られている場合は、施術を受ける病院によっては予算オーバーとなってしまいかねない為、保険適用で治療が受けられる所をメインで選ぶようにします。したがって、それぞれの病院の特徴を抑えつつ、費用や施術内容、さらに傷の具合等自分の気になるポイントを満たしている病院を選ぶのが病院選びの方法の一つです。