いぼの治療は専門医院で受けよう|切除してもらおう

カウンセリング

どの様な状態か

いぼの切除のための病院は皮膚科・形成外科・美容皮膚科等から選ぶことが出来ますが、それぞれの病院は特徴が違います。実際に選ぶ時は費用・施術内容・傷跡の様子等から自分の希望に合っていると思われる病院を選ぶようにします。

女の人

注意で術後の様子が違う

いぼを切除するのは皮膚科、形成外科、美容皮膚科などで行っており、それぞれの病院で受ける事が出来る施術法が違います。術後は衛生管理に気を付けるだけでなく、紫外線対策も適切に行う事によって傷跡を綺麗に直しやすくなります。

知っておくと良い事

顔を触る人

事前に色々と知ろう

肌の表面にぷっくりと膨れた状態になっているいぼは様々な見た目の物がありますが、もちろん原因も様々です。例えば首やデコルテ等露出されている部分の肌にできやすい物の場合、紫外線やターンオーバーの乱れ、さらにストレスが関係している場合も有ります。また指や足の裏等にできやすいタイプの場合は、ウィルスに感染する事によって発症している物が少なくありません。ただこれらはできやすい部位等も確かに違いますが、放置しておいたとしても基本的に良くなることはないため、気になる場合は病院で切除してもらったりして対処します。いぼが出来た場合、まずはどこの病院に行けば良いか迷ってしまう人も少なくありませんが、この場合は皮膚科・形成外科・美容皮膚科等から選びます。これらの病院は全て同じ治療法を行っているわけではないので、まずはそれぞれの病院でどの様な治療がメインで行われているかを知ります。皮膚科の場合は液体窒素を利用した方法を行っている場合が多く、健康保険が適用されやすいのが特徴です。形成外科は炭酸ガスレーザーを利用する方法が行われており、いぼの切除だけでなく傷口を綺麗に直す事等も目的として行っています。美容皮膚科は美容目的の施術となっており、メス等を使って出血するような治療法を行っているわけではありません。もちろん、1つの病院だけで何とかしようとする事もできますが、いぼの切除は皮膚科で、傷口のケアは形成外科でと別々の所で行ったとしても問題は有りません。また、いぼ自体はそれほど悪化する前であれば少々違和感がある程度で、そんなに生活にも支障をきたさないと言う事も多々あります。その為どうしても放置されがち、若しくは自宅で何とかしようとする人も居ますが、素人療法で何とかしようとする場合、非常に危険な時も有ります。例えばその一つがハサミを利用していぼを切り取ろうとする方法で、この場合、切り取ってしまうとかなりの量の出血が見込まれる為、注意が必要です。病院ではしっかりと出血に対しての配慮がなされた治療が行われているので、自分で何とかしようとする時よりもかなり安全です。また炭酸ガスレーザーを照射する方法の場合は殆ど出血をする訳ではないので、ハサミで切るよりも痛みも少ない方法となっています。いぼ自体は自分で何とかするよりは、病院に行って切除してもらう方がより効率的に除去することができるようになっています。ただその場合どこの病院に行った時でも同様ですが、術後のケアによって傷の治り具合等にも違いが出てくる為注意しなければいけません。先ず気を付けるべき事は衛生的にしておく事、そして出来るだけ紫外線に当たらないようにする事です。そうする事によって余計なトラブルを起こさず、さらに色素沈着を起こす事も無いので、よりきれいに傷跡を治しやすくなるからです。したがっていぼを切除する時はただ単に切り取る時の事だけを意識するのではなく、切除後のケアに対しても十分に配慮する方が良いのです。特に顔や目立つ場所に出来たものに関しては、そうした配慮があるかどうかでかなり見た目にも差が出てくるからです。

ナース

体に出来る小さなもの

肌に出来てしまったいぼは、ウイルスや遺伝が原因です。気になる場合には、早めに皮膚科か美容整形外科へ行って、切除手術を受けましょう。治療にはレーザーなどの特殊機械を使って、簡単に切除することが出来ます。